昨日は、良いことがありました♪

仕事帰りにツタヤに行ったのです。 DVDを借りに。
お店の在庫はなかったので、ツタヤオンラインのお取り寄せで2枚。

一枚目はピアノマニアという日本では2012年に公開されたドイツのピアノ調律師のドキュメンタリー映画です。当時新宿三丁目の映画館で見て感動して、その後はしばらく仕事の士気が高まったものです。(今はちょうどよいあたりで落ち着きましたが。(^_^;))

もう一枚はピアニストのマルタ・アルゲリッチのドキュメンタリー映画「アルゲリッチ、私こそ音楽!」アルゲリッチの三女が母の公私を撮った作品だそうで、以前から見たいと思っていた映画です。

2枚ともAmazonで買おうと思ったところ、それぞれ5000円くらいしたので奥さんブレーキがかかり、よくよく調べて見たらツタヤで取り寄せレンタルできるのですね!これは便利!

というわけで無事にその2枚を取り寄せ注文して、本屋さんコーナーを覗いたところ村上春樹さんの新訳が! カーソン・マッカラーズという読んだことのない作家の「結婚式のメンバー」という文庫本。迷わず買いました。

それで!

良いことがあったのはこれからです♪

カウンターでお金を払ったら、なんと!

チューハイが当たったのです!!(o^^o)

レジの機械からレシートと一緒にチューハイの写真が入った紙が出てきて、おめでとうございますと言われ、チューハイを持たせてくれました。 クジ運に恵まれた経験がほとんどない僕としては、もうとっても幸せな気持ちになりました。帰って早速(冷えてなかったので)氷を入れて飲んだのは言うまでもありません。(´ω`*)

買った新刊も楽しみですが、今日の電車の友はジョン・アーヴィングの「ガープの世界」です。誰も殺されたりしないし、特に劇的な事件や展開があるわけじゃないけど、こういう人間模様を描いた小説がとても好きです。

さて、今日もコンサートの調律です。午後から牛久市のホールでチェロとピアノのコンサートです。でも午前中は赤坂見附。電車で移動が多い日は本は欠かせないですね。(^^)

おわり



読んだ〜〜!!

最近はこの本にハマっていたのです。
スティーブン・ハンター著の名スナイパー「ボブ・リー・スワガー」シリーズ。

アメリカ海兵隊の退役軍曹ボブ・リー・スワガーが、降りかかる数々の危機を乗り越え自分と家族を守る、最高に胸熱くなるハードボイルドアクション小説です。



最初に読んだのは新潮文庫から出版されている「極大射程」。ピアノの調律の先輩から勧められてだったのですが、もうあっという間に引き込まれてしまいました。
レイモンド・チャンドラーの私立探偵フィリップ・マーロウに出会った時にも思ったのですが、僕はどうやらヒーローものに弱い。。。以前は自分では「僕はロシア文学が好きだ。トルストイこそが至高だ」とか考えていたのですが、もう認めざるを得ません。

ボブ・リー・スワガーは最高にカッコいい!!o(≧▽≦)o

妻は「またそんなの読んで…。そんなの何冊読んだって何も変わり映えしないじゃない。」とバカにしますが、

いいのです!
これは男のロマンなのです!
(いや、もちろん女性のハードボイルドファンもいると思いますし、それは素晴らしいことだと思いますが)

ミッションインポッシブルとか007とかトランスポーターとか、スパイとカーアクションと5分ごとに大爆発している映画を見ている時にも背中に冷めた視線が刺さりますが、いいのです!ひとりで見たいのです!( *`ω´)

全部読み終わったらブックオフに売ってきなさい、とか言われるのですが、いいのです!何度でも読みたいのです!そもそもほとんどブックオフで買ったのです!シリーズがいっぱいありすぎて、何を買ったのか分からなくなって、スナイパーの誇りは上下2冊づつ買ってしまったのです!(T_T)

と、ちょっと話がそれましたが…

とにかく、孤独で寡黙で冷静沈着な、そして名誉と忠誠を何より重んじる元海兵隊最高のスナイパー。そんな主人公が陰謀と策略をくぐり抜け、見えざる敵に虎視眈々と迫っていく。

まあほとんどそれだけなのですが、その勧善懲悪なストーリーの何と気持ちが良いことか!

村上春樹とかカフカとか、謎や伏線が全く解明されないまま放置されて終わってしまいモヤモヤしまくる小説と違って、何てスッキリした爽快な後味なのか!
(とはいっても村上さんの大ファンなのですが。カフカは…迷宮過ぎてもう少し読書修行が必要です…いつか「城」にリベンジしたいです。)

1冊ごとの感想を書きたいのはやまやまなのですが、多すぎることと、どの話もおおよそボブが何かの陰謀に巻き込まれ、ピンチに遭い、仲間ができ、敵を追い詰め、最悪のピンチに遭い、劇的に大逆転する、っていう王道の話なので細かな感想はキリがないので諦めます。(^_^;)

でも、ほんとにワクワクドキドキして、あまりのクールさに胸躍るシリーズでした。ハンター先生、感動をありがとう!
ボブの今後の活躍に期待してます!


と、思っていたら、どこかのサイトで見たのですが、ハンター先生はいい加減にボブ・リー・スワガーには飽きたらしく、新作は全く違うキャラクターと方向性を持ったものを執筆中だとか。
それも、アクション小説ですらなく、ラブロマンス?だったか何だったか、とにかく、しばらく新しいボブには会えなさそうです。(T_T)

というわけで、僕の中で3ヶ月くらい続いたスワガーサーガはひとまず終了です。でも、とっても大満足な読書でした(o^^o)

センパーファイ!!(常に忠誠を!)


次に読むのは、ちょっと前に買った、ポール・セローの「世界の終わり」を予定しています。


おわり


今日、図書館で、とても素敵な絵本を借りてきました。

「ドレミ わたしのバイオリン」
スージー・モーゲンスタイン 文
マリー・ドゥ・サール 絵
高田万由子 訳



5、6歳の女の子が初めて行ったコンサートで聴いたヴァイオリンに夢中になって、ヴァイオリンを習うようになるお話です。
素直に感動が行動に移る、とても可愛い女の子で、音楽って素敵だな♪ランラン(^ ^)みたいな感じでレッスンに通い始めるのですが、しばらくすると思うように弾けないことから練習が辛くなってしまうのです。



「とおくからみていたら、バイオリンをひくのって すごくかんたんそうだったのに……。」

うん。よく分かる。
これ、みんな通る道ですよね。
楽器を習うことに限らず、何かを習ったり学んだりする時は、順調な時ばかりじゃない、それどころか山あり谷ありと感じることのほうが多いかもしれません。

次のページでは、ヴァイオリンを遠くに追いやってむくれている女の子に対して、家族が励ましの言葉をかけています。



自分からやるっていったんでしょ?
もうやめちゃうの?
いまはたいへんだけど、そのうちすごくたのしくなるよ!

こういう時って、親はどんな言葉を子供に向けてあげるのが正解なのでしょうね。プレッシャーをかけてもいけないとか、楽器が嫌いになっちゃったらとか、心配しはじめると親の方が動揺してしまうかもしれません。

うちの子もヴァイオリンを習い始めて1カ月くらい経つのですが、機嫌の良し悪しによって全然レッスンにならない時もあって、親として悩んでいる真っ最中なのです。

やめたいならやめなさい
やる気がないなら月謝がもったいない

とか後ろ向きな事は間違っても言わないようにしようとは思いますが。



でも、ほどなく女の子は再びバイオリンを手に取ります。するとなぜか気持ちが落ち着いてきて…。

わたし、ひとりぼっちじゃない
バイオリンとふたりでがんばろう

ちょっとじんわりきちゃいますね。
練習が辛い時や思い通りにならない時はたくさんあるけど、やっぱりこの女の子は楽器が好きだったんですね。

次のページでは、この子は音楽を、特にヴァイオリンの音楽をとにかくたくさん聴いたようです。お部屋でひとりでソファに座って、ステレオの前で音楽と本と猫と過ごしている絵が描かれています。

これ、とても大切な事ですよね!
常々思うのですが、ピアノやヴァイオリンなど習ってる子が、家でピアノやヴァイオリンの音楽を聴いているかというと、おそらくほとんど聴いていないんじゃないかと思います。つまり親が子供にモチベーションを上げるような良い音楽を聴かせよう、という意識を持っていないということなのかもしれません。
目標となるものを与えないで習い事だけ行かせるというのは、それこそ月謝の無駄なんではないでしょうか。ローマの哲学者セネカは「目指すべき港を知らなければ,順風なるものは存在しない」と言いましたが、こうなりたい!とか、こんな風に弾けるようになりたい!とか思って初めて、目標やヤル気が出てくるのではないでしょうか。そういう側面での親の担う役割というのはとても大きいと思います。

本当に、良い音楽には人の心を動かし続ける力があるんだと思います。この女の子も絵本の最後では素敵な舞台を経験し、さらなる目標に向かって胸を弾ませていました。
これは図書館で借りたのですが、ぜひともこの絵本は購入して、もう少し成長したら子供にも読ませたいと思います。大人が読んでも辛い局面での勇気が湧いてくるような素敵な絵本でした。

ちょっと語りすぎましたが(^_^;) 最後にもうひとつ。

この絵本は高田万由子さんが訳をつけているのですが、その高田さんの表紙裏の前書きが素晴らしいのです!



「がんばった人のところには
『がんばった神様』がくるのよ。」

感動しました。

明日もがんばろう!


おわり



今日の午前中はプールの監視員です。
僕も入りたいくらいの暑さですがご近所の目が恥ずかしいので、パラソルの下でマカデミアナッツフレーバーのカフェオレを飲みながら読書をしたいと思います。息子からの水攻撃を避けながら。
今読んでいるのは、桜井健二著「マーラーとヒトラー、生の歌 死の歌」。同じ時代に生き、ふたりとも熱烈なワーグナー信奉者でありながら、あまりにも違った結果に向かって行く過程が衝撃的でした。
そして、ブルーノ・ワルターやフルトヴェングラー、シェーンベルクなどの偉大な音楽家がナチスに翻弄されてきたことや、中でもマーラーの妹とマーラーの部下でウィーンフィルのコンサートマスターを長年務めたアルノルト・ロゼーの娘で名ヴァイオリニストとして活躍していた(つまりマーラーの姪)アルマ・ロゼーが39歳の若さでアウシュビッツで亡くなっていたことを知ってとても悲しい気持ちになりました。
今まで思い違いしていた事もありました。フルトヴェングラーはナチス党員でナチスに協力していたのだと思っていたら、ナチスと付かず離れずの距離を保ちながらベルリンフィルの団員達を守っていたこと、そしてナチスのプロパガンダに利用されながらも最後までナチス党員にならずに抵抗したということでした。逆にナチスを最大限利用してドイツの音楽界のトップに昇りつめたのが、ナチスが台頭してすぐに党員になった若きカラヤンでした。恥ずかしながらこれも知らなかったのでショッキングでしたが、その後のインタビューでカラヤンが「党員になった事は何も恥じていない。当時はそれが唯一の音楽家として生きる道だった。同じ状況になったらまた同じ選択をするだろう。」と言っていたのを読んで、戦争と恐怖政治の下での極限状態というのは凄まじいものだったのだろうと思いました。
ナチスがユダヤ人であったワルターを迫害したり、演奏会の最中にガス弾を投げ込まれたりした時に、フルトヴェングラーが「ワルターのような音楽家を迫害するのは我が国の芸術や文化にとって最大の損失だ」とヒトラーに直談判したこともあったようです。
昨今のニュースで政府によって報道規制があったとかなかったとか見ますが、日本でも音楽や芸術を含む文化的なものまで圧力がかかるとしたら…。そんな時代にならないで欲しいな、と息子から発射されるシャワーと水鉄砲に濡れながら考えました。
平和ってとてもとても貴重なものなのですね。(´ω`*)
そして、しばらくぶりに食べたパピコはとても美味しい♪
暑いけど素晴らしい、家族で過ごす夏の朝でした。


プールの監視員マーラーとヒトラー


今日は西武池袋線沿線で数件のお仕事。山の上にある音大の関連です。坂道がほとんどない平地に住んでいるせいか、こんもりした山を見るとちょっと癒やされます。(´ω`*)
電車に乗っている時間が長い日は読書が捗ります。今日の本はトルストイのアンナ・カレーニナ。僕の読書好きの原点みたいな、とても大事に思っている本です。 かなりしばらくぶりに読み返しているのですが、初めて読んだ高校生の時とは違うところに感動したり、その頃には分からなかった新たなことに気づいたりして、新鮮な気持ちでページをめくっています。
僕は以前からリョーヴィンとキティが結婚するまであたりの純真さが大好きだったのですが、今回心に残ったのは結婚して最初の3ヶ月くらいにやたら喧嘩をしたという場面です。中でもリョーヴィンが「はじめは彼も少しむっとなったが、すぐその瞬間、自分は妻に腹を立てることはできない、彼女は自分自身にほかならないのだからと、感じたのであった」というところは深く胸に沁みました。これは高校生の頃は理解できなかったなぁ…、となんだか恥ずかしくなってきたので感想は終わり♪(^_^;)

ところでいつも思うのですが、いくらすでに十分有名な名作だからといって、単行本の裏のあらすじの部分に物語の結末までバラして書くのはやめてほしいです。確かアンナ・カレーニナの下巻の裏にはアンナが悩み抜いた末に鉄道に身を投げるというところまで書いてあったと思います。読む前にがっかりしちゃいますよね。(T_T)


あと、今持っているアンナ・カレーニナの単行本は何年か前に古本で買い直したもので、もともと買った単行本は昔の友達に貸したまま遠くに行ってしまったのです。高校生の頃ソフィー・マルソーの表紙につられてこの本を手に取ったのはほろ苦い青春の思い出です。あの表紙が懐かしい。いや、もういいんですけれども。

おわり



仏子駅アンナ・カレーニナ1アンナ・カレーニナ2アンナ・カレーニナ3アンナ・カレーニナ4

只今所沢。西武池袋線にのんびりゆられています。
ゆったりしたブラームスの間奏曲118-2の管弦楽版とか、エルガーのエニグマのニムロッドとか聴いていると、少々遅刻していることも気にならないくらいのおおらかな気持ちになりますね(´ω`*)
今日の電車のお供はこの本。まだ読み始めたばかりなのですが、舞台は戦時中の1886年のビルマでイギリス人のピアノ調律師が1840年製のフランスのエラールのグランドピアノとかかわる物語…ということで、なかなかワクワク読んでいます。
題名が何となく恥ずかしく感じてカバーは外してきたのですが(^_^;)
入間に向かっているのですが、本を持っていると遠出もまた良いものです。さて、読書に戻ろう☆


調律師の恋

今日の読書。

『グレート・ギャツビー』
F・S・フィッツジェラルド著
村上春樹訳

これは昔から大好きな小説です。 でも今更で恥ずかしいのですが、村上春樹訳を読むのは初めてなのです。
野崎孝訳の品のある格調高い雰囲気ももちろん良いのですが、村上春樹の訳書って、勿体ぶった回りくどいところと平易な分かりやすい勢いのあるところのバランスが好きだなぁと改めて思いました。
例えば、ニック・キャラウェイがギャツビーに初めて会った場面ですが、野崎訳では「彼は深い理解のにじんだ微笑を浮かべた。ーいや、深い理解のにじんだと言ったのではまだ足りぬ。それは一生のうちに、四、五回しかふつからぬような、永遠に消えぬ安心を相手に感じさせるものをたたえた、まれにみる微笑だった。」とあるのですが、同じ箇所が村上訳では「彼はとりなすようににっこり微笑んだ。いや、それはとりなすなどという生やさしい代物ではなかった。まったくのところそれは、人に永劫の安堵をあたえかねないほどの、類い稀な微笑みだった。」となるのです。普通「〜しかねない」ってあまり良いことには使いませんが、永劫の安堵をあたえかねないって、うっかり男が男に惚れそうになって、おっと危ない危ない!となるようなギャツビーの紳士っぷりを見事に表現しているように感じます。
こんな大富豪にはなれませんが、精神だけでも僕もいつかこんな紳士になりたいものです。今の現実とはかけ離れていますが…。´д` ;
ちなみに今日の僕はどんなだったかというと、朝どうやら仕事に出る前に踏んだらしいご飯粒が靴下の底にくっついていたらしく、一日中靴の中敷きとの間でペタペタしていました。歩くたびにペタペタペタペタ。ご飯粒の落とし主は可愛い息子だと思うので文句も言えないのですが…。今日行ったのが3件ともレストランやライブハウスだったので、靴を脱がずにすんだのがせめてもの救いでした。
なかなか精神の紳士への道程は遠いですね。(^_^;)
精進せよ!

『グレート・ギャッツビー』村上春樹訳

11〜12月に読んだ本です。
読んだ本の話なんてひとにはどうでもいい話なんだけど、独り言なので構わず書くのです。
10月にレイモンド・チャンドラーをたくさん読んだ繋がりでマルタの鷹を読んだのですが、サム・スペードが荒っぽすぎて僕はあまり好みではなかったです。フィリップ・マーロウのほうがずっと紳士。
あと、大好きなスコット・フィッツジェラルドの夜はやさしとラストタイクーン。
しばらくハードボイルド小説ばかり続いたのでちょっとリハビリには難解だったのだけど、前から読みたかったので一気に読みました。人生ってうまくいかないねって話ばっかりだけど、心に残るのはやっぱりこういう小説かもなぁ。それにしてもフィッツジェラルドの書く主人公は、ギャッツビーにしても、バビロン再訪にしても、雨の朝パリに死すにしても、みんな人生の浮き沈みがすごい。とてもドラマティックです。憧れないけど。
そして、今月一番ヒットだったのはティム・オブライエンの世界のすべての七月。
村上春樹訳で、文体がとても面白く読みやすい上に、長いわりにテンポが良く、というのは登場人物が多いのもあるのだけれど(カラマーゾフの兄弟には全然かなわないけれど)たくさんのドラマが詰め込まれていてとても興味深い小説でした。しかもどの登場人物もみな悩んで迷って失敗し、でもどこかお互いを支え合って生きてゆくっていう、決して明るい題材ではないのに前向きな気持ちにならせてくれる素敵な小説でした。
オブライエンの小説はあと2冊、本当の戦争の話をしよう、とニュークリアエイジも買ってあるからこれからの読書も楽しみです(^_^)

でもここのところ現代の作家ばかり続いたので、今読んでいるのはツルゲーネフの初恋。この時期はチャイコフスキーのくるみ割り人形をよく聴くので、久しぶりにロシア文学を読んでみたくなりました。
ところで、最近まで知らなかったのですが、くるみ割り人形の原作の小説は、あのオッフェンバックのホフマン物語のホフマンその人が著者なんですね!
愛聴しているインターネットラジオのオッターバでくるみ割り人形の特集をしてて知りました。びっくり。
そのうちにホフマンの原作も読んでみたいです。

冬の読書もいいものですね。
(´ω`*)


11-12

図書館にて。息子が一生懸命読んでいるのは…ロシア文学史。特にツルゲーネフが気に入ったようです。パパの好きなトルストイもいかが?


ロシア文学史1ロシア文学史2

夜の読書の時間終了。レイモンド・チャンドラーのロング・グッドバイを読み終わりました。何冊か挟みながらもう4回目。2ヶ月くらい前に買ったばかりなのに。
チャンドラーのフィリップ・マーロウのシリーズの小説は7冊全部買って読んだのに、なぜこんなにこのロング・グッドバイばかり読み返したくなるのかさっき分かりました。
フィリップ・マーロウとテリー・レノックスの友情と別れがあまりにも素晴らしいからでした。彼らはお互い離れ離れになりながら深く信頼し合って、紆余曲折を経て長いお別れをすることになるのですが、僕にも事情があって長いお別れをしている友人がいるのです。彼に昔もらって、それ以来大事に飲んでいたモルトをしばらくぶりに飲みたくなりました。もう残りわずかですが、願わくばボトルが空になる前にまた再開したいものです。
そうしたらきっと一緒にギムレットを飲もう。理由は言わないけれど。
dawn


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

Archive

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • がんばった神様
    junbockri
  • 船橋ジャズフェスティバル
    Yoji Nara
  • お久しぶりです。。。
    たかし
  • お久しぶりです。。。
    satoshy
  • お久しぶりです。。。
    Aゆむ
  • 川畠成道ヴァイオリンリサイタル@水戸
    たかし
  • 川畠成道ヴァイオリンリサイタル@水戸
    satoshy
  • 最近の工房
    たかし
  • 最近の工房
    Aゆむ
  • 3月の読書
    たかし

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM