2012年4月某日


国産ワインの代表的な産地のひとつ。 勝沼にやってきました。
初めて来ましたが、本当に甲府盆地の一角という感じなんですね。

勝沼


周りを斜面に囲まれ、その斜面がすべてブドウ畑!
もちろん生食用のぶどうもあるにしても圧巻の光景です。
上の写真は農家の人に話しかけるソムリエのお友達。
わりと無口な人なのにブドウ農家の方と話すときには、僕と話す時よりもずっと生き生きとしていました・・・。


そんな勝沼の、ワイン生産80年の歴史を誇る中央葡萄酒さんにお邪魔しました。

鳥居平の畑


中央葡萄酒さんの持つたくさんのブドウ畑の中で連れて行ってもらったのがこの「鳥居平」のブドウ畑。
収穫のシーズンではなかったので実こそありませんが、斜面に一直線に伸びるブドウの枝。 一文字短梢作りと呼ばれる収穫量をかなり制限して糖度を上げる手法で育てられているそうです。


中央葡萄酒の蔵

収穫され、醸造されたブドウの絞り汁は樽の中で熟成されます。
あれだけ広く、しかもたくさんあるブドウ畑の中からの収穫量がここに集まってワインになる、ということを考えると、むしろあれだけの広さの畑からこの建物に収まるほどの収穫量になってしまうのか、と・・・少し切ない思いがしてきます。
中央葡萄酒さんは勝沼でもかなり大きいワイナリーなので、もっと小さいワイナリーは、なにからなにまでやって家族経営とかしてるのかな、と思いました。


ワインテイスティング


畑を見学した後は、お待ちかねのテイスティングタイムです。
何本もの単一の畑から収穫して醸造したワインを味わっていきます。

・・・・・・。

・・・・・・。


・・・・・・。


ど れ も お い し い 

何を飲んでも美味しく思えるっていうのは、きっとお得なことですよね(*'-'*)

(あと、内緒なのですが・・・。実はテイスティングのワイン、出さないで全部飲みました。 だってもったいなかったので・・・。)


満開の桜と我が妻


テイスティングの後は近くのなんとかっていうお寺へ。
ちょうど咲いていた満開の桜がきれいでした。

今度はブドウの収穫の頃も見てみたいなあと思った勝沼旅行でした♪


おわり

Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Archive

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • がんばった神様
    junbockri
  • 船橋ジャズフェスティバル
    Yoji Nara
  • お久しぶりです。。。
    たかし
  • お久しぶりです。。。
    satoshy
  • お久しぶりです。。。
    Aゆむ
  • 川畠成道ヴァイオリンリサイタル@水戸
    たかし
  • 川畠成道ヴァイオリンリサイタル@水戸
    satoshy
  • 最近の工房
    たかし
  • 最近の工房
    Aゆむ
  • 3月の読書
    たかし

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM