あっという間に年が明けて、あっという間に2月。

これも書こう、あれも書かなきゃ、と思いながら1年以上。。。
書きたかったことはたくさんあったのですが、書けなかった理由は


子供を寝かしつけて、一緒に寝てしまったから(‐‗‐;)


子供たちを寝かせて、そのあとにいろいろなことをしようと思っていても、ベッドで絵本を何冊も何冊も繰り返し読み聞かせているうちに子供が寝るのが早いか自分が寝るのが早いか、、、という具合でいつの間にか夜中か明け方か、という一年だったのです。


ですが!!

今年は書きます! 日記!


とりあえず今日は、下の2歳の娘に、多いと一晩で5回も6回も繰り返し読んであげた(読まされた)娘のお気に入りの本をご紹介しますね。

ねずみくんのチョッキ

まずは名作『ねずみくんのチョッキ』  
もう何百回読んだかっていうくらい読んで、僕が飽きちゃったのでアレンジして読んだら、そのアレンジで娘も覚えちゃってそれはそれで楽しくワイワイ読めたかわいい絵本です。

どんぐりころちゃん

次は『どんぐりころちゃん』
これも相当回数読んだのですが、そこそこ長いので読み終わったとたんに娘の「もういっかい!!」が出ると結構へこみました。 でも可愛いどんぐりたちが童謡みたいに歌う部分が多いので娘と一緒に歌ったのは楽しい思い出になるでしょう。娘が歌ってるムービーもいっぱい撮りました。

うずらちゃんのかくれんぼ

次は『うずらちゃんのかくれんぼ』
これも娘が大好きです。うずらちゃんとひよこちゃんが交互に隠れる場面で、どこに隠れているのか知っているのに毎回どこだどこだ〜〜〜?って探す時間が非常〜〜に長く、やっと読み終わった瞬間「もう一回!!」が出て。。。でも娘の嬉しそうな顔を見るとついつい何度も繰り返し読むことになるのです。毎回盛り上げながら(^_^;)

どうぞのいす

次は『どうぞのいす』
とっても平和なかわいらしいお話で、これは読んでいる方としてもほんわり楽しかったです。しかも途中でどんぐりが出てくるところにくると必ず「どんぐりころちゃん」の歌を歌いだすのでこれがまた可愛い、絵本が可愛いっていうよりも娘が可愛かったです。

にじいろのさかな

最後も名作『にじいろのさかな』
これはお話自体がとても良い話なので、読んでいても気持ちが入って楽しかったです。でも気持ちが入りすぎて暗闇からタコが出てくるところを迫力たっぷりに怪しく読みすぎて娘からクレームが出ました。



他にもたっくさんの絵本を読みました。家にあるのも、図書館で借りたのも。 
上の息子の時には生まれてすぐの頃からずっと毎晩絵本を読み聞かせていたのですが、下の娘が生まれた頃は上の子のことで忙しくてほとんど読んであげられていなかったのです。 ですがここ一年だんだん余裕ができてきて読んであげられるようになり、娘もすっかり絵本好きになりました。 
このまま二人とも読書大好きになって、たくさんの素晴らしい文学と出会ってくれたらいいなと、そう父は願いつつ今夜も絵本を読むのです。

明治大学の斎藤孝先生が言っていました。
最近の若者は、何かを知る手段としては読書は効率が悪すぎるから読まない。知りたいことはネット検索すればよい、と言うが、読書の価値というのは何かの知識を情報として得るだけではない。 読書とは、自分の人生だけでは到底経験しえないことを、作者の目線を通して追体験することだ、と。


本当に、本って素晴らしい。


おわり








Comment





   

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Archive

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • がんばった神様
    junbockri
  • 船橋ジャズフェスティバル
    Yoji Nara
  • お久しぶりです。。。
    たかし
  • お久しぶりです。。。
    satoshy
  • お久しぶりです。。。
    Aゆむ
  • 川畠成道ヴァイオリンリサイタル@水戸
    たかし
  • 川畠成道ヴァイオリンリサイタル@水戸
    satoshy
  • 最近の工房
    たかし
  • 最近の工房
    Aゆむ
  • 3月の読書
    たかし

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM