最近のピアノ修理のことにも触れたいと思います。


昨年末から今も続いているのですが、グランドピアノの弦張り替えを2台続けてやっています。

どちらも40年くらい経ったヤマハのピアノで、弦の金属疲労が多分に感じられ音が細くて鋭くキンキンして、かといって鳴りも悪く伸びもなく、といった状態でした。


しかし、この時代のピアノ。楽器としてとっても優秀なのです。何が良いって、木の質が。


40年くらい前といえばまだ日本が景気が良かった頃です。国内のピアノ会社もどこもより良い楽器を作るために意欲を燃やしていた頃です。(残念ながらその10年後にはバブル崩壊して、ピアノ会社は経費削減して材料費を浮かす方向に傾いていき、現在に至るのですが)この時代のピアノと現在のピアノの木の質を比べるとその差は一目瞭然。質だけでなくて、木材を使っている量も今は激減しているのです。(現在のピアノには、本物の木の替わりにMDFと呼ばれる紙やおが屑を圧縮した材料を多用しています。それに木の部品をプラスチックに替えてしまっている箇所もたくさん!)当然、音を聴けばその違いにビックリします。


ちょっと話が長くなりましたが、つまり元々が良い木を使っている時代のピアノに、消耗部品である弦やハンマーだけ新しいものに換えてあげると、なんとそのピアノが新品だった時よりも良い音に生まれ変わるのです!


(またまた説明ばかりですが、木は年数が経った方が音に馴染んで良く鳴るようになっていますし。対して弦は新しい方が振動しやすい、つまり音量も音の伸びも格段に良くなるのです。ギターやヴァイオリンの奏者が演奏会前には弦を新しく張り替えるのもその理由です。ピアノはそんなに度々は張り替えられませんが。)


いきなりですが、これはグランドピアノの弦を全て外し、チューニングピンやフレームのネジを抜き、鉄骨フレームも外して、古いニスと汚れを落としているところです。


古いニスをきれいに落としたら、細かなところまで紙やすりをかけて表面を滑らかにしていきます。


そしてスプレーガンで下地を塗っていきます。


下地が乾いたらまた丹念に磨き上げて


最後に仕上げの塗料を塗ると、ご覧のとおりツヤッツヤな水面のような輝く共鳴板になります。



Comment





   

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

Archive

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • がんばった神様
    junbockri
  • 船橋ジャズフェスティバル
    Yoji Nara
  • お久しぶりです。。。
    たかし
  • お久しぶりです。。。
    satoshy
  • お久しぶりです。。。
    Aゆむ
  • 川畠成道ヴァイオリンリサイタル@水戸
    たかし
  • 川畠成道ヴァイオリンリサイタル@水戸
    satoshy
  • 最近の工房
    たかし
  • 最近の工房
    Aゆむ
  • 3月の読書
    たかし

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM