今日は牛久駅前のエスカードホールにて催されたチェロとピアノのコンサートの調律に行ってきました。
演奏者は牛久市出身のご兄妹、平根亮さん(チェロ)と妹さんの彩乃さん(ピアノ)です。
演奏を聴けるのは去年の同じ場所でのコンサート以来の1年ぶりでしたので、とても楽しみにしていました。
というのも、このお二人は普段はドイツで活動していらっしゃるので、演奏を聴きたくとも日本にいないのです。
それについては、2016年10月1日の記事をご覧ください。

さて、今回のご兄妹が帰国されてから演奏会の前にご自宅のピアノのメンテナンスにも伺いました。 長い海外生活もあってか、以前から二人とも若いのにしっかりしているなぁという印象でしたが、今年はもっと成長して堂々とした雰囲気が感じられました。 良いことも苦労も含めていろんな事を乗り越えているのだろうなと感心しました。偉いなあ。(なにしろ自分の20代半ばのことを思い出すと、彼らとの違いにもう嫌になっちゃいます。思い返すとあの頃はまだ思春期を引きずっておりました。あぁ恥ずかしい。)

今日、会場に着いてピアノを弾いてみたら、ピッチがなんとA=445〜6Hz(ヘルツ)くらいに上がってしまっていました。 前の日までしばらく雨が降っていたのもあるのかもしれませんが、湿度が高いとピアノは中音域だけ低音や高音域よりも音の高さが上がってしまうのです。 クラシックの演奏会だとA=442Hzが一般的なので3Hzくらい下げなければいけません。 実はピアノの音というのは、下がった音を上げるときよりも上がった音を下げるときのほうが安定しにくいのです。 なので、迷わず中音部分を2度調律することにしました。狂いの大きい部分を(時には全体やることもありますが)ざっくりと正しい高さに調律し、それから全体を一からやり直して調律すると大概の場合は安定してくれるのです。 ただ時間が余計にかかるので、少しリハーサルを待ってもらってしまいましたが。 

リハーサルが始まってからは、僕は今回は自主的にカメラマンをしておりました。 それでは、以下は何枚か僕のカメラの腕をご披露させていただきましょう。 (※ほんとは超素人です。憧れの一眼レフを買ったものの分からなくてほほんど触っておりません)


まずは、ホール全景
ホール全景


真剣な表情で超ハイポジションでチェロを弾く亮さん。と思いきや、実はまだチューニングしているところ。
チューニング中


(あ。このへんだ!)と、音が合った瞬間。
合った瞬間


さて、リハーサル開始♪
リハ中1


バリアングルが使いたくて、無駄に低いところから撮ってみた。
リハ中2A


なんだか笑っているピアノの彩乃さん。
リハ中3


曲が盛り上がったところでピアニストが上のほうを見上げる切ないような表情って本当に素敵ですよね☆
リハ中5


でもよく見たらお兄さんもずっと斜め上のほうを凝視していた。何を見ているのだろう?(ちなみに僕は演奏中は無意識に目を閉じて唇がとがってしまうようです。最悪。)
リハ中6 


終演後のさわやかな笑顔。素晴らしい演奏でした♪
終演後


家族写真。 達筆ののコンサートの案内はおじいさまが書かれたそうです。 家族愛がこもってますね!
家族写真


さて、肝心の演奏会の中身についてですが。 まずはともかく演奏会のプログラムを見ていただきましょう。

曲目


まず目が行くのがチェロソナタがシューマンもそれに含めるとすれば3つというボリューム! 去年はベートーヴェンの2番のソナタとメンデルスゾーンの2曲と、あとはわりと有名な小品だったのと比べると、今年のプログラムからは「俺が弾きたい曲を弾くんだ!!」的な意志の強さが感じられました。 僕もクラシック音楽が大好きでそれなりにたくさん聴いていると思っていたのですが、正直今回はベートーヴェンのピアノソナタ28番とショパンの軍隊ポロネーズしか知りませんでした。 いかに自分の視野が狭かったかに気付かされました。 ポルポラなんて初めて聞きましたし。(ヨーゼフ・ハイドンの先生なんだそうです。) でもどの曲も本当に素晴らしく、プログラムにも書いてある通り、バロック〜古典派〜ロマン派〜近現代という音楽史の流れを自然に体感することができて、素晴らしい選曲だなぁと思いました。 そして聴き終わってみると、これもまさにプログラムにあるとおりで「皆様に色々な曲を知って頂きたいと思い」というところにナルホドと思い、最初に「俺が弾きたい曲を〜」なんて勘違いした自分の浅はかさを恥じるのでした。

そのようなわけでコンサート全体がバランスが良くて素晴らしかったのですが、特に心に残ったのはと言われればベートーヴェンのピアノソナタ28番とシューマンの幻想小曲集でした。 
ベートーヴェンの後期のピアノソナタは本当に深みのある傑作ばかりでしょうけれど、もっと派手な作品もあるのにこの28番を選ぶというのがまず彩乃さんらしいし、それがよく合っていると思いました。 戦後の混乱や私生活の辛いことでヴェートーベンはこの頃作曲の筆が進まなくなっていたらしいですが、ゆっくりと穏やかながら沈んだように始まる第一楽章から、苦悩を乗り越えて第3楽章の切なくも華やかさを感じるフィナーレを聴くと、ベートーヴェンはどんなに辛くとも心の中の芯は非常に強かったのだなと感じます。 彩乃さんの演奏もそういう気持ちに本当に静かに強く寄り添っているような表現で、若いのに(何度も言うとおじさん臭いですが)今までどんな苦労をしたのだろうなんて思ってしまいます。(実際に聞いた苦労は、ロシアでよく停電して大変だったとか、水道が出ないとかでしたが。)

シューマンの幻想小曲集は名前を聞いたことくらいしかなかったのですが、もうピアノの前奏が始まった瞬間から一気に物憂げなシューマンの世界に引き込まれました。 亮さんの繊細な弦楽器独特の細やかな表現がシューマンの感じやすくて浮き沈みの激しい劇的な音楽にぴったりでした。 あと、僕なんぞがこんなことを書くのは全くおこがましいのは承知してはいるのですが、今年の亮さんの演奏はすごく自信に満ちていて、強い心をもって演奏している印象を受けました。 特にピアニシモの時の音圧が素晴らしかったです。 昔、レナード・バーンスタインがどこかのオーケストラと練習をしていたときに団員たちに向かって「強い音は必要ありません。 ただ、心をフォルテにもってください。」と言ったそうですが、小さな繊細な表現をするときの心の強さっていうものこそ聴き手の心にぐっと入ってくる感じがします。 そういう演奏を今日は聴けました。 


僕は去年に引き続き開演前のチケットもぎりや受付も手伝ったのですが、それもとても楽しかったです。 去年は平根さんちのお父さんと二人で受付をしてアワアワしていたのですが、今年は爽やか笑顔の女性スタッフがいて大変心強かったです。 
終演後の和やかな雰囲気もとても良かったです。 お二人を小さなころから知っているご近所さんたちもたくさんいらしていて微笑ましかったです。 同じ茨城県南出身としては彼らにはこれからもますます頑張って活躍してほしいですね! 応援しています!


というわけで、1年ぶりの平根さんご兄妹による素晴らしいコンサートのレビューでした。
また来年が楽しみです!(^0^)




おわり




最後ですが、お二人のプロフィール。
プロフィール

本が大好きな我が家は、以前から図書館のヘビーユーザーです。息子は毎週のように連れていってもらい絵本をたくさん借りてきます。
今日も僕を除く3人で図書館に行ったようなのですが、今日は息子は絵本に加えて「パスタの絶品」という料理本をどうしても借りてくれと妻に頼んだようです。
帰ってきてしばらくしてからふと見ると、本に付箋が貼ってあったようです。
開くとそこには「イカとレモンのリングイーニ」という美味しそうな写真が。
さらにその付箋をよく見ると。。。

息子の字で「たべたい」と書いてありました
(*´∀`)カワイイ

うちのシェフは優しいから、きっと近日中に食卓にのぼることでしょう。
パパも楽しみです♪



今日は可愛く元気いっぱいのフレンチブルドックに会いました。
名前はピムとポムにとてもよく似た。。。ちょっと正しくは思い出せないのですが、とても人懐っこい性格の良い子達でした。
はじめは全然見分けがつかないかと思ったのですが、調律が終わる頃には見分けられるようになってきました。キョトンとしている方がポムで(こっちは正しい名前)、ちょっと困り眉毛なのがピム(仮名。ピムじゃなかったのは間違いないのですが、似ているのだけど思い出せない)。
2匹とも調律カバンの中が気になるらしく、しきりにふたを開けようとしていました。( ´∀`)
非常に癒されました♪

この日は朝からつくばのカピオホールにて、「まつしろリトミック教室」のピアノ発表会にて調律でした♪

このお教室を主宰なさっている菅原泰子先生は、とても勉強熱心な先生でお忙しいレッスンの合間にご自分のお勉強とスキルアップと新たな資格のために(文字通り)奔走していらっしゃいます。こういう自分に厳しいところ、僕も常々見習いたいなぁと思ってはいるのですが…ゴニョゴニョ(;´д`)
とはいえ、レッスン風景はとてもとても楽しそうで、それは実際のレッスンの様子からも一目瞭然です。2〜3歳からのリトミッククラスのレッスン中の写真などを見ていると、ちびっ子たちのはじけるような笑顔に思わず顔がほころんでしまいます。発表会の最後に生徒さんたちみんなのレッスン中の写真のスライド上映があったのですが、個人レッスンのもっと大きな子供たちもとっても充実してるのが伝わってくる爽やかないい笑顔でした(^^)

ところで、午前中に調律をしてリハーサルをして午後から発表会だったのですが、発表会本番中のお手伝いで僕はビデオ係をさせてもらいました。これがなかなか難しい! 始めはステージ全体を引きで撮って、生徒さんがステージ下手から出てきて、歩いている間に徐々にズームインして、ステージ中央のピアノの前まで来たらおじぎをする時には全身映るくらいに寄って、椅子に座り演奏始める時には頭から足元まで、横は演奏者からフルコンサートピアノの半分くらいまでに収めて固定。そして、演奏が終わると椅子から立ち上がり前に出ておじぎをして、ステージ下手の袖に歩いていく時に徐々にズームアウトして、姿が見えなくなると同時にステージ全体の絵に戻す。というのを50回くらい繰り返せば良いだけなのですが(ひとつの音楽教室で50人近く出演するのです。さすが人気のお教室ですね!)…人の動きというのはだいぶ個性があって、歩くのが早い人遅い人、出てくるのは遅いのに弾き終わって帰るのはダッシュする子など様々なのです。
なので僕のただでさえ下手なカメラワークが、急に走り出す子を追いかけたりしたせいで急激なズームインとアウトを繰り返す非常にブレブレな見にくいものになってしまったのです。(T_T)

でも、子供たちが楽しそうに演奏する様子をベストポジションで見ることができて、とてもほっこりとした気持ちになりました。(o^^o)
それにしても最近の子供たちはあまり緊張しないのですかね? 大部分の子がニコニコ出てきてニコニコ弾いてニコニコ帰っていく気がします。まあ笑顔ではなくても、少なくとも緊張でアワアワしている子はほとんどいないように見えました。僕の子供の頃は度胸の良い子はほんのわずかで、僕もそうでしたが大体はステージ袖で出番を待つ時なんて緊張で顔面蒼白になり、演奏中に頭が真っ白になって止まったまま10秒くらい経過してしまい先生が助けに来るなんて良くあったような思い出がありますが。泣き出す子もいたりして。でも、今は笑顔で楽しそうに弾く子が多いのにびっくりしました。 人前に出慣れているのか、自己表現とか自己主張が得意な子が増えたのか、昔とはずいぶん変わった気がします。

ところで、この「まつしろリトミック教室」の菅原先生はオーケストラでヴァイオリンを弾いていた事もあり、ヴァイオリンの生徒さんもいらっしゃいます。 特に小学4〜5年生くらい?の男の子がヴァイオリンでもピアノでも演奏していて、頑張っていて素晴らしいな!と思いました。僕の息子もヴァイオリンを習っているので、男の子が頑張っていると思わず応援に力が入ります!来年はどんなに成長しているかとっても楽しみです♪

話は変わりますが、以前菅原先生とのやりとりでお店で流れているBGMが気になるという話があったので、前回の投稿の中で触れたBGMをやたら気にするとあるオジサンピアニストの話をします。

その方はつくば市在住のジャズピアニストなのですが、入ったお店のBGMが気に入らないとお店の人に曲の注文をするのです。つくば市にあるレジャー施設YOUワールドのサウナとお風呂に入ったあと隣の仮眠室で寝ていたそうなのですが、小さく流れているオルゴール音楽のコード進行がしょっちゅう間違っているのが気になって寝られない!とスタッフに言ったところ、音楽は本部で決めているので勝手には変えられないと返答され、ならば本部に電話させろ、とかすったもんだしたらしく。結果的に変えてもらえたのかどうだったかは聞いたけど忘れてしまったのですが、とても面白い方です。サウナのあとそのまま上質なBGMで仮眠したかったんでしょうね。ちょっと分かる気もしますが、きっと僕なら帰って寝ますね。

もっと面白い話がありまして、筑波大学の近くに昔茨珍ラーメンっていうラーメン屋さんがあったのです。そこで奥さんとラーメンを食べていたらしいのですが、BGMがジャカジャカうるさいロックだかポップスが流れていたんだとか。そこでロックが嫌いなオジサマはバイトの男の子を呼び「落ち着いて食事ができないから音楽を変えて欲しい」と頼んだそうです。そう言われたもののバイトの彼にはどうしたら良いか分からず、チーフに相談したようなのですがチーフにも分からず、チーフがオジサマのテーブルに来て、具体的にどんな音楽に変えたら良いでしょうか?と質問してきたそうです。それに対してオジサマは「何でもいいけどとにかくもっと品の良い、落ち着いて食事できるような音楽にしてください」と答えたそうです。オジサマはジャズピアニストなので、昨今はオシャレなラーメン屋さんでは有線のジャズがかかっている事も多いので、そういうものを言っていたのでしょう。けれど、そのチーフには難題だったらしく、分かりました少々お待ちください、と奥へ引っ込んでアレコレ悩んだあげく、ついに音楽が変わって聴こえてきたのは…


交響曲!!


なんとラーメン屋さんで交響曲が流れてきてしまったのです。(^_^;) チーフが急いでオジサマのテーブルに戻ってきて片ひざ付いて「これでよろしいでしょうか、お客様?」と真剣な顔で言ったらしいのですが、オジサマはラーメンと中華丼と餃子を食べながら聴こえるベートーヴェンに「ま…まあ、いいんじゃないかな…?(^_^;)」と苦笑するしかなかったそうです。奥さんはとても恥ずかしかったらしいですが、ぜひ僕もその場に居合わせてみたかったです。壮大なスケールのグスタフ・マーラーの交響曲1番の4楽章とかを聴きながら担々麺とか食べたいですね〜〜。そしたらほんとに麻辣(マーラー)担々麺に…(以下省略)

というわけで、頑張ってる子たちに癒された「まつしろリトミック教室」の発表会のお仕事でした♪
(菅原先生、へんな終わり方でごめんなさいm(_ _)m)

お詫びも兼ねて、お教室の宣伝もちょっと。
おわり


この日は、牛久駅の前にあるエスカードホールというところでのコンサート調律に行って来ました。
ちょっと前の日記でもご紹介させていただいたチェロとピアノの兄妹デュオのコンサートです。

チェリストのお兄様は平根亮(あきら)さん、ピアニストの妹さんは平根彩乃(あやの)さん。牛久市ご出身なのですが、お兄さんが中学校を卒業すると同時に亮さん彩乃さんお母様の3人でロシアに留学され、ご兄妹共にリムスキー・コルサコフ音楽院で学ばれました。その後ドイツに移りそれぞれ音楽大学で研鑽を積んで演奏活動やコンクールなど活躍されているようです。
高校生から、妹さんにいたっては小学生の頃からロシアに移住して勉強って、僕にはよく想像できないのですが相当頑張ったのでしょうね。僕なんて中学生の頃なんてまだザリガニ捕まえて喜んでた頃ですからね。ロシア語も分からず外国人ばかりの学校に入って楽器の練習に明け暮れる思春期なんて、ちょっとその頃の僕には考えられません。
もちろん努力したこのご兄妹も偉いのですが、個人的にですが僕がもっと偉いと思ったのはお母様です。 最初はお母様が音楽経験者だから子供達にこういう環境を備えたのだと思いました。そうしたら! よくよく聞いたら、お母様は楽器経験者ではなかったのです。なんと! 子供達のために努力して一緒に音楽を学んだのです!

これは見習うべき大事な事だから、もう一度言います。

子供達のために!
努力して!
一緒に音楽を学んだのです!!

本当にこれは、普通ではできない、いや気付きもしないことではないでしょうか?
子供達の音楽の上達のためには、親も音楽を理解するために努力をしなければならないのです。 このお母様は、幼少の頃から子供達のレッスンにぴったり寄り添って、先生の言うことをよく聞き、メモをとり、分からないことがあれば調べ、子供達がいったい具体的に何を必要としているのかを懸命に模索したようです。しかもロシアまで行って!
ご謙遜だとは思いますが、決して元々クラシック音楽に詳しいわけではなかったそうです。が!今はピアノ曲はもちろん、ショスタコビッチのシンフォニーがどうとか、それと比べるとウェーベルンがどうとか、現代音楽が好きだとか言うのです! これには脱帽しました。(^_^;)

音楽に限ったことではないと思いますが、やっぱり子供が伸びるかどうかは、実はその大きな根っこの部分は親にかかっているのかもしれませんね〜。 あと、もちろん奥様が帰ってくるまで8年間も日本でひとりで頑張って家族を支えたお父様の献身があってこそだったであろうことは言うまでもありません。

と、演奏会の話からはずれてしまいましたが、曲目は前半がエルガーの愛の挨拶やフォーレの夢の後にやバッハのG線上のアリア、あとチェロと言えばこの曲のサン・サーンスの白鳥などの有名曲が並んでいました。

(またずれてしまいますが、僕は30数年前につくば市の吉沼小学校という田舎ののどかな小学校に通っていたのですが、何年も給食の時間のBGMが毎日毎日サン・サーンスの白鳥でした。当時はレコードの時代だったのですが、今考えるとおそらく他のレコードが放送室になかったのでしょう。毎日給食が始まるとザーッという雑音と共に放送委員会の生徒の声で「みなさん、給食の時間になりました。今日の音楽はサン・サーンス作曲の白鳥です。」と言ってシレシソシレシソシレシソ♪と聴こえてくるのです。毎日。幼心に僕は心の中で「今日の音楽って、昨日もじゃないか!どうせ明日もだろ!他のレコードはないのか!」と叫んでいましたが、他の友達は誰ひとり文句を言うことなく毎日毎日白鳥を聴いていました。ひょっとすると聴いていなかったのかもしれませんが。意外とBGMを気にしている人って少ないのかもしれませんね。さらに脱線が続きますが、以前行っていた美容院のBGMが曲名は分かりませんがビブラフォンが入った渋めのジャズを小さめに流していたのですが、いつ行ってもなんとその一曲をエンドレスリピートだったのです。何ヶ月かガマンしていたのですが、どうにも気になって若いスタッフさんに尋ねたら、なんと彼は言われて初めて気付いたそうで、BGMがどうかなんて考えてもみなかったそうです。まあジャズには聞き流せるような雰囲気の曲が多いのも事実ですが…それにしても一曲をリピートなんてね。せめてCD一枚をリピートくらいにして欲しいものです。もう一ついうと、今行っている美容院もBGMを時々CDでかけているようなのですが、けっこうな頻度で音飛びするのです。が、誰〜〜も気にしないようです。う〜〜ん。反対に昔よく共演していたとあるおじさんピアニストは入ったレストランとかのBGMをめちゃめちゃ気にする人で、その話は本当にめちゃめちゃ面白いのですがちょっと脱線し過ぎるので続きはまたの機会に。)

コンサートの演目の話に戻りますが、後半はなんと、チェロソナタがまるまる2つというボリューム満点の選曲でした。ベートーヴェンの2番とメンデルスゾーンの2番のチェロソナタだったのですが、重量級のソナタを続けてふたつ聴けるのは圧巻でとても興奮しました! 特にお兄さんの亮さんのチェロを弾く表情と密度の濃い音にグイグイ引き込まれ、本当に感動しました。妹さんの彩乃さんは巨匠アナトール・ウゴルスキの直弟子で(20年近く前に初来日した時にウゴルスキ聴きに行きました♪)良い意味で抑制されて隅々まで集中力が張り巡らされたような音色で、指が早く回って弾き散らかすような演奏と対極にあるような非常にストイックなスタイルなのです。普段は物静かだけど熱い演奏をするお兄さんと、ニコニコ柔らかな印象なのに非常にタイトで聴いていると息をするのも忘れそうになるような演奏をする妹さん。 兄妹だから息がぴったりとか、そういう次元をもっと超えた素晴らしい演奏会でした♪

ところで、このコンサートは基本的に家族の手作り的な感じで、お母様がマネージメント、お父様がその他の事務や雑用をされていたのですが、一気に来るお客さんに対応するために人手が足りなく、僕も受付ともぎりをお手伝いしました。なんだか文化祭的な一体感があって楽しかったです。(^^) なので、前半は受付で控えていたため聴けなかったのですが、後半はしっかり客席で聴けました。
あと、演奏が終わってから最後のお兄さんの挨拶でなんと「今日の調律をしてくださった須藤さんです!」と紹介してくださり、そんなことは初めてだったので思わぬ注目を急にあびて恥ずかしかったのですが嬉しかったです♪

コンサート後、数日したら二人ともドイツに帰られると言っていたので、今頃はまたドイツでお勉強や演奏を重ねていることと思います。次におふたりの演奏が聴けるのが、そしてこれからの成長がますます楽しみです!
というわけで、牛久市で催されたチェロとピアノの演奏会のレポートでした。(o^^o)

おわり




Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Archive

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • がんばった神様
    junbockri
  • 船橋ジャズフェスティバル
    Yoji Nara
  • お久しぶりです。。。
    たかし
  • お久しぶりです。。。
    satoshy
  • お久しぶりです。。。
    Aゆむ
  • 川畠成道ヴァイオリンリサイタル@水戸
    たかし
  • 川畠成道ヴァイオリンリサイタル@水戸
    satoshy
  • 最近の工房
    たかし
  • 最近の工房
    Aゆむ
  • 3月の読書
    たかし

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM