10月17日。水曜日。 晴れ。

 この日は茨城県小美玉市にある音楽ホール「みの〜れ」に行ってきました。なにしに行ったのかというと、クラリネット山本太郎氏のニューアルバムのレコーディングのお手伝いだったのです♪ 

 録音に使うピアノの調律とその他お手伝いということで呼んでいただいたので、調律をしっかりやったらあとは荷物運びとかの雑用かな〜、と気軽な気持ちでホールに向かいました。 8時半にホールに着いて太郎さんと一緒に録音機材などを搬入設置し、9時半くらいから調律開始。 ピアノはスタインウェイのフルコンサートグランド。 状態も鳴りも素晴らしく、調律しがいのある楽器でした♪ ずっと記録に残ってしまうレコーディングの調律なので、たっぷり2時間近くかけてじっくり調整しました。 しかしながらさすがスタインウェイ! 楽器自体の音がもう素晴らしくて、調律しながらウットリしてしまう音色です☆ 


みの〜れで調律


 そのうちピアノの外山安樹子さんが登場して、11時半頃からレコーディング開始♪ しばらく録っては聴き録っては聴きを繰り返し、マイクの位置決め。 YPMレーベルのスゴ腕エンジニアの太郎さんが、普段見られないくらいの真剣な表情でマイクの位置を決めていきます。 ステレオのRとLに対応する2本のマイクだけで録ると非常に生っぽいリアルなサウンドに録れるそうです。 たくさんのマイクで録ると後で編集してバランスを出しやすくなるそうですが、どうしても後から作ったような音になってしまうらしく、太郎さんはリアルな臨場感を重視した2本のマイクだけで録るこの手法にこだわっているそうです。 でもシンプルなだけにマイクの位置決めに非常に神経を使うらしく、真剣なその仕事ぶりからは熱い職人魂を感じました。 

 あと初めて知った事だったのですが、録音用のマイクというのはその日に現場に持ってきて箱から出してすぐ使うといい音に録れないそうです。 長年使っているマイクだったとしても、使う数時間前から楽器の前に置いて音を聞かせてなじませないといけないんだそうです。 ビックリ! 機械とはいっても繊細なものなのですね〜。 感心しました。 この日一番のトリビアでした(^−^;) 

みの〜れ録音

 肝心のレコーディングも順調に進みました☆ ただ! 演奏した曲数がなんと20数曲! それぞれ2〜5テイクくらい録ったので、一日で録ったテイク数は全部で70数テイク! 一度お昼休憩を挟みましたがほとんどぶっ通しで録音が続けられ、午前11時半から始まって終わったのはなんと午後9時!! 太郎さん外山さん、長丁場本当にお疲れ様でした!!(>〜<) 

 でも内容は本当に素晴らしいもので、演奏はもちろん音もとってもいい音で録れました♪ クラリネットもピアノも当然よかったのですが、個人的には録音されたピアノの音に感動しました! スタインウェイの華やかな音を存分に鳴らしながらも決して透明感を失わない外山さんのピアニズムに脱帽です! 荒く弾くと一気に品がなくなってしまうくらいにきらびやかなスタインウェイを、こんなに美しく弾けるっていうのは本当に耳がいいのだな〜と感心しました(^−^) あとひょっとしたら調律師の腕も良かったのかもしれません☆ なんて・・・。 CDの発売は年明けになるそうです。 今から楽しみです!

 助手体験

 で、録音している間、僕が何をやっていたかといいますと。 実はとても役に立っていました☆ レコーディングを手伝うなんて初めての経験ですからやれるとしても雑用くらいだろうと思っていましたら、録音の機材を実際に操作して録音の記録を付けるという大役が回ってきたのです! 機械音痴な僕にできるのか相当不安でしたが、まあ失敗はしましたがなんとかなったように思います。(^−^;) 緊張しましたがいい経験でした♪

 ところで、11月にも同じホールでまた太郎さんのレコーディングがもう一度行われます。 メンバーが替わって今度はピアノとドラムも入ってストレートなニューオリンズサウンドのアルバムを作るそうです。 また僕もお手伝いできるそうで楽しみです☆ 

 というわけで、音楽に携わる者として、レコーディングのエンジニア体験という貴重な機会をいただきました。 調律も含めて、起用していただいたYPMレーベル社長の山本太郎氏に大感謝です! 今後ともよろしくお願いいたします♪(^0^) 

 

 先月末に我が家のレコーディングスタジオ(?)で、また新たな名作が誕生しました!! いや、まだ聞いてはいないのですが。できてないので。でも、録音している途中から素晴らしい作品になること間違いナシの予感を感じさせるそのCDを録音していたのは・・・ピアニストの外山安樹子さんです!! ヾ(*~∀~*)ゞ ワアァ〜♪パチパチ☆

疲れた外山さん

 おっと〜〜!! いきなりお疲れの様子ですが、実はもう録音が一段落した休憩中のショットなのですヾ(;´▽`A`` ちゃんとしたレコーディング風景はこちら!

外山さんと関口さん


 改めてピアノの外山安樹子さんとベースの関口宗之さんです☆ お二人で作った去年発売のCD「Songs of Lilac」が完売間近だそうで(*^▽^)/★*☆オメデト♪ 増販するならせっかくだから録り直しちゃおう♪ということで再レコーディングのスタジオということで我が家を使っていただいたのですo(*^▽^*)o~♪
 それにしてもこの構図はどんな状況なんでしょうね? 僕にはどう見ても外山さんが左手でジャブを飛ばして関口さんの顔面にHIT!したとしか思えません [壁]o-;)コワイヨー そんな過激なアクションが出ちゃうほど熱いレコーディングだったのですね〜〜。。。 
 でも僕も(庭で草取りしながら)かすかに聞こえてくる録音の音を聴いていて、前回のCDよりもなんだかさらに熱い生っぽいサウンドでゾクゾクきちゃいました! 今からできあがりが待ち遠しいですね〜(o^∇^o)

録音してる山本氏
 
 ちなみにレコーディングエンジニアはやっぱりこの人! 我らが誇るYPMレーベルのスゴ腕社長!山本太郎氏です!!(某クラリネッターと同一人物とのウワサ) 何を隠そうYPMレーベル山本氏の録音には絶大な定評があり、過去には月刊ステレオ誌で年間最優秀録音賞を二回とったこともあるのです!!(コレはウワサじゃなくてホント!ホントにすごいことです!)今回録った音も処理前の録ったままの音をちょっとだけ聴かせてもらったのですが・・・スゴイ!ビックリするくらいに生々しい音で、まるで今この瞬間にすぐそこで演奏してるみたいです!! いや〜、脱帽です!さすがですね〜♪ 写真は録音チェックしている山本氏です。しま○らで買った398円のアロハシャツに短パンに座布団ですが、実はかなり張り詰めて真剣にマイクの位置決め中だったりします☆ 

BBQ

 夜の10時までかかったレコーディングが終わり、そのあとは待ちに待ったバーベキューです! 芝もいい感じに生えてきた我が家の庭に、自作のBBQテーブルを置いて、幕張のコストコで買ってきたパラソルを差して、いざスタート!!☆^(o≧▽゚)oヤッホウ!
 実はBBQの達人である山本氏が焼き担当になってくれて、炭火で表面を焼いてからジュワッと氷水でしめたカツオのタタキや、卵白にとおしてほっこりふっくらに焼き上げた鶏ムネ肉の焼き鳥や、関口さんも絶賛の絶妙な火の通し具合に焼き上げたスルメイカなど! 年齢層が反映してか海鮮中心のBBQでしたが、それがまた落ち着いていい感じに贅沢な一時でした♪
 写真での外山さんもかなり語ってるっぽい手つきをしてますが、ミュージシャン同士のBBQってみんな音楽に対して真剣で、ホントに楽しかったです☆ 美味しいお料理と大好きな音楽♪ 最高ですね〜〜(*´∇`*) とっても幸せな一日でした。

 ところで、このCDの録音のピアノの調律は僕がしてるのです♪(自宅のピアノだから当たり前なのですが・・・)外山さんは前に僕が調律した直後のピアノでライブをやったのですが(千葉市のオスカーっていうライブハウス)その時に「いろんな場所で何度も調律した直後のピアノを弾いたことがあるけど、須藤君の音が一番好みかも」と言ってくれました♪ 調律師冥利に尽きますね〜!感動です! 褒められて調子に乗って、録音に使う自宅のピアノを万全に調律調整したのですが、はたしてその結果は!? 全ては外山さんの次回作「(タイトル秘密)」にて! 気になる人は買って聴いてくださいね〜o(*^▽^*)oエヘヘ!
 

 なんだか最近の傾向として、日記というよりは回想録みたいになってきました…。もっとちゃんとその日のうちに書こうと思ってはいるのですが、ついめんど……いや、忙しくて。(;´Д`A ```
 (つづき)というわけで、6日の土曜に我が家の『須藤音楽スタジオ』でレコーディングしていたのは、ニューヨークで活躍中のジャズピアニストのK☆ZUさんでした!! 今回も不動のK☆ZUトリオのメンバーであるベースの吉☆豊さん、ドラムの大☆澄☆さんを迎えての録音です!(プロミュージシャンのプライベート録音なので、☆入りの名前です。一応)o(*^▽^*)o~♪
 K☆ZUトリオの素晴らしさは以前からライブやCDで知っていたので、レコーディングに立ち会えてホントにラッキーでした!(実はクラリネット奏者でもあり先輩調律師でもある山本太郎氏はレコーディングエンジニアでもあるのです。いい音を聞き分ける耳とそれを作る技術は絶品で、彼の録音したCDが月刊ステレオ紙の優秀録音賞を取ったこともあるのです!それも何度も!ホントスゴイです。そのマニアックっぷりは…さすが知る人ぞ知るYMPレーベル…)(=゚ω゚=;) オソルベシ…
 話が逸れましたが、スゴイです!K☆ZUトリオ!すごい集中力で3人がお互いの出す音に反応し、音と空間でホントに会話しているみたいです。とても張り詰めた緻密なインタープレイなのですが、出てくるサウンドはあくまでHappy!! ハイレベルな素晴らしい音楽というのはもちろん、3人がとっても嬉しそうな表情でアイコンタクトしながらプレイしてるので、見ているだけでこっちがHappyになっちゃうトリオでした!(*´∇`*)
 レコーディングは結局夜の12時までかかって、無事に終了しました。その後はみんなでお待ちかねの夕ご飯でした。ご飯を食べながらK☆ZUさんと大☆さんがニューヨークでの生活の話をしてくれたのですが、それがとっても面白かったです。たくさんいろんなエピソードを聞きましたが、結論は「ニューヨークはちょっとこわいけど音楽をやるにはとってもエキサイティング。だけど生活できるようになるまではけっこう厳しい。あとやっぱり言葉の壁が大変っぽい。でもいつかは住みたいかも。」っていう感じでした。
 しかし、ウチはとっても田舎で不便なのですが、田舎っていうおかげで近所を気にせず音が出せて(周りに家がありません…)、結果として自分たちの楽器の練習にとどまらず他のミュージシャンの録音スタジオとしても使ってもらえているっていうのは(田舎の家なので部屋がたくさんあり、宿泊もOK!)田舎で不便な分を差し引いても貴重な経験ができるっていう点ではまあいいかなぁ〜と僕は思ってます。妻はそれでも田舎過ぎてツラいっぽいらしいですが…。(;´▽`A``
 レコーディングのいい写真もたくさんあるのですがメンバーの許可を取ってないので、許可を取らなくても大丈夫っぽいレコーディングエンジニアをしている山本太郎氏の写真を載せてみました。田舎の寒い家なのでみんな寒そうで、みんなダウンジャケットを着てレコーディングしていましたよ。 春になればもっと快適なスタジオになると思いますので、音楽の録音したい方は是非当スタジオをご利用くださいね〜♪グランドピアノとバーカウンター完備でお待ちしています!(*´∇`*)
録音風景

 今日は最近であったいいピアノのご紹介です(o^∇^o)ノ
 まずは先日お邪魔した土浦市のH様のお宅のピアノから。お使いになっているのはチェコ製の『ペトロフ』 今ではヨーロッパ製のピアノを扱っているお店ではよく見るブランドですが、これは最近のモデルではなくかなりの年代物です。そのため今ではあまり見られない特殊なアクションの構造をしています。
プロロング
 どこが普通のアップライトのアクションと違うかと言うと、(以下、少々マニアックですが専門用語の細かな解説は省略します。だって面倒くさいですから・・・)ウイペン下部から下に長い棒が延びていて、それを支えるフレンジとアクションレールがもう一本追加されて、その下にパイロットが下向きに埋め込まれて、それが鍵盤に押し上げられてアクションが動く仕組みになっているのです!! 何のメリットがあってこんな構造をしているかと言うと、(全くの僕の想像ですが・・・)音量を得るためにピアノの弦を長くすると背と共に打弦点も高くなり、アクション自体を高く持ち上げる必要が生じてこうなった(のかな〜??)と思います。そのせいかこのピアノは繊細なペトロフの音色の持ち味はそのままですが、なかなかの音量と迫力があります。まあ好き好きのあるメーカーだとは思いますし、今のこのブランドのピアノのクオリティーも問題なしとは言い難いところですが、こういう凝った構造ってピアノを少しでも良くしようって言う設計者の意気込みが感じられて、技術者としてはちょっと惹かれちゃいますよね(*´∇`*)
 そして文句なくいいピアノなのは先週調律に行ったこちらの一台♪
NYスタインウェイ
 もう説明不要の世界の銘器『スタインウェイ』です!!! あえて言うとすればこのピアノはニューヨーク製だということ。(現在日本国内にあるスタインウェイのほとんどはハンブルグ製) M型(170cm)のわりと小型のグランドピアノですが、さすがの音量と音色! いつかこんなピアノが欲しいものですね〜・・・。このピアノは、僕の調律に行っている先生が「どうしてもニューヨークのスタインウェイが欲しい!!」と言っていて、半年がかりでやっと探して納品したピアノなのです。自分では買えないけど、調律に行くごとに幸せな気持ちになりますね〜♪(* ̄▽ ̄*) 
 いいピアノはすぐには高くて買えないけど、せめてもうちょっといいコントラバスが欲しいなぁ・・・。(;´Д`A ``` 奥さん「!!ナンカ言った!!」 僕「!?いえ!何にも!! 仕事行ってきます!!」ダッシュ!≡≡≡ヘ(*--)ノ
 

 今日は僕がピアノの調律で行っているお客様のところであった出来事をちょっとご紹介しますo(*^▽^*)o~♪
 何年も調律に伺っているお家だと子供が年々成長していくのが見られてとても楽しいものです。先日行ったI葉さんのお宅は女の子2人姉妹。初めて行った時にはまだ小さかったのに2人とも大きくなりました☆特に5歳になる妹さんがおませでだんだん大人びてきて面白かったです。僕とお母さんで僕の年齢の話をしていた時に、僕が「いや〜、僕も今月とうとう30歳になっちゃいましたよ〜」と言ったら、その5歳のナナちゃんが「大丈夫!お兄ちゃんもまだまだこれからだよ!!」と励ましてくれました(*´∇`*) 5歳の子に「まだイケル!」と言われると、なんだかホントにやる気が沸いてきました!! ヾ(。`Д´。)ノ彡☆オリャー!! そしてその子が書いてくれた僕の顔の絵がこちら!
ナナちゃんの絵
 ちょっと薄いのですが、分かりますかね〜。うちの奥さんに見せたら「おっ!そっくりじゃん!上手な絵だね〜☆」と感心していました。そ・・・そんなにそっくりかな・・・(;´▽`A`` でも素敵な絵をありがとう♪できたら来年もお兄ちゃんと言ってね☆(おじさんでなく・・・)
 その後日行ったT橋さんのお嬢さんにもかわいいイラストをもらいました。去年はアイロンビーズ(?)で作った力作パフェをくれました。来年は何かな?(o^-^o) 弟君と一緒に鍵盤の下の埃の掃除のお手伝いしてくれてありがとう☆さて今年の作品はこちら!
かめ
 つい数日前、音楽高校の3年生の女の子のお家に調律に行った時には、調律した後に、2月に控えた音大受験のための曲を聞かせてもらいました☆ F・リストの大曲「2つの伝説」から「水の上を渡る聖フランチェスコ」です!! ずっと前から大好きだった曲だったので、目の前で弾いてもらってかなり感動!! いや〜、こんな難曲よく弾けるもんですね〜(;´Д`A ``` 僕なんか譜めくりするだけで精一杯でした・・・。本人はまだまだ納得がいかない演奏だそうですが、僕は調律師冥利に尽きる思いでした♪ 音がすごく良くなって、弾くのが楽しい!!って喜んでくれましたしね☆o(*^▽^*)oエヘヘ! 嬉しくって、受験の前にもう一回サービスで調律してあげることにしちゃいました! 最後にいい音で練習して、試験に臨んでほしいですものね〜。N美ちゃんファイトー!!! ヾ(=^▽^=)ノ

 (いや、オチはありません・・・。今日はマジメなブログですから・・・^-^;)
 


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Archive

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • がんばった神様
    junbockri
  • 船橋ジャズフェスティバル
    Yoji Nara
  • お久しぶりです。。。
    たかし
  • お久しぶりです。。。
    satoshy
  • お久しぶりです。。。
    Aゆむ
  • 川畠成道ヴァイオリンリサイタル@水戸
    たかし
  • 川畠成道ヴァイオリンリサイタル@水戸
    satoshy
  • 最近の工房
    たかし
  • 最近の工房
    Aゆむ
  • 3月の読書
    たかし

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM